FC2ブログ

かもめのワンダーランド

波まかせ・・・風まかせ・・・

okinawa 2097-1


となりに居たら 「こんにちは!」と思わず声をかけてしまいそうな

なつかしいのに ずっとアイドルのような可愛らしさをもった

女優さんが旅立ってしまいました・・・

大ファンというのではないけれど、「この人が出るならば」と

見てしまうドラマがたまにあります

最後の3分20秒のメッセージ つらいでした



「未練はある でも悔いはない」

「若草物語」のなかの心に残るひと言です・・・





スポンサーサイト



コメント

メッセージ、私も泣いてしまいました。
王様に見られた!
病の床にありながら、なお、被災者に心を痛めて、天国でもお世話すると言ってましたね。
こんなすばらしい人になれたらなあと思いました。

つい先日、こちらで教えていただいたユキヤナギ。
「雪国ではあまり見かけない」などと申しましたが、良く周りを見たら、そこここの庭先で咲いていました。
それでもやはり気候のせいか、花は少し小振りで控えめ。
同時期に咲く桜を見上げる目には、入っていても映らなかったのかもしれません。

昭和のテレビッ子である自分は、ブラウン管の中に咲いた花のような3人の、
特に大輪の笑顔が魅力的なスーちゃんが大好きでした。

アイドルをやめて演技者としてカムバックしたときは、
それまで抱いていたイメージを真逆に転換するほど、大人の女性の喜怒哀楽を魅せてくれて、
ちょうど思春期から青年期にかかっていた自分は、
彼女が表現する激しさや優しさをドキドキしながら観ていました。

そして今回の訃報。別れのコメント。
最後まで素敵な人だったなと、改めて感じ入っています。

あんな言葉を残して死ねる人生を送れるかどうか解りませんが、
死に際して、誰か一人にでも「ありがとう」と言ってもらえる、
そんな生き方をしようと思いました。

スーちゃん、ありがとう。

Naoさん

王様と日々戦いのなか、いらして下さってありがとうございます♪
 
朝一番で見てしまい、なんとも切ない涙の朝になってしまいました。

生き急ぐ人もいるなかで、あげられるものなら「命」こんな人にあげたいものですね・・・

せいねんかいさん

2年前、友人が恩師から受け取った手紙を見せてくれました。
それは今回のメッセージを手紙にしたものでした。

「これを読む頃には私はもういないでしょう・・・」
そう始まった文面は、きちんとした文字で感謝と別れの言葉が綴られていました。

生まれて初めての経験でした。
悲しかった・・・その文面を綴る時の想いを考えると複雑過ぎて、表現のしようがありませんでした。

高齢の方でしたが、私の気持ちが落ち着いてくると
戦前戦後とたくさんのご苦労をしながらも、強く生き最期まできちんと自らの手で閉じられたことに、
心から「お疲れさまでした」と頭が下がりました。

涙することは簡単ですが、微笑みで送ることも必要なのかも・・・と思いました。

スーちゃん
立派なかたでしたね。
病魔と闘いつつも
微塵も見せずいつも笑顔でしたね。

精一杯生き抜かれた人生
私は拍手を送りたかった。。
でも
あのメッセージは辛かったです。。

CMも残るということからも
彼女の偉大さを思います。

mogyoさん

今年はやたらと涙してます・・・

感激しても、悲しくても、でもやっぱり志なかばの方のお別れはつらいですねぇ・・・

「カズさん・・・」と呼ばれたご主人の肩の震えが目に焼きついています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hanamarubusy.blog78.fc2.com/tb.php/448-ce2349bc

血液型A型 うお座 3匹の犬と 2人の息子 そして沖縄をこよなく愛しております

warabigami

Author:warabigami
FC2ブログへようこそ!
肩のチカラを抜いて・・・
その時の想いを モソモソと・・・

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる